<バジの新台はいつかな?>アニメが開始した「バジリスク桜花忍法帖」はスロットになる前提?

投稿者: | 2018年1月9日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日は1/8よりスタートしたアニメ「バジリスク~桜花忍法帖~」について記事作成したいと思います。

 

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

 

・まさかの「バジリスクの続き」のバジ桜花

桜

さて、ついに始まったバジリスク桜花忍法帖。

 

略称はバジ桜花といったところでしょうか(・∀・)

 

 

詳しい内容は未見のため不明ですが、あらすじを見てみると、

 

  • 甲賀忍法帖の10年後が舞台
  • 弦之介と朧が実は生きていた(!?)
  • それどころか子ども(双子)までいる
  • 主人公はその双子
  • 双子には親譲りの瞳術の能力がある
  • 甲賀と伊賀は敵対しておらず、敵は他にいる

 

 

・・・という感じのようですね。

 

 

うん、やはりこれに関しての感想は1つ。

 

 

 

蛇足でしょ。

 

 

バジリスクは前作(と呼んで良いのか不明ですが)の甲賀忍法帖の時点で完結していた物語です。

甲賀と伊賀の全滅という悲しい結末ながら、物語としては美しくきっちりと終わっていたものです。

 

そこに今更「実は生きてました☆」なんていう話を取ってつけるのは、特にバジファンというワケではない自分の目からしても原作破壊に映ってしまいます(^^;)

 

そもそも、実は生きていましたネタ天膳様の持ちネタじゃなかったんですかねw

 

 

こんな物語を今更スタートさせて(実際には小説が先にあったようですが)、一体誰が得するというのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

はい、ユニバです。笑

 

どう考えてもこのバジ桜花は「スロット化のための布石」にしか思えませんw

流石にバジシリーズも1~3と絆の計4作品が登場しネタ切れ感は否めないものとなっていました。

 

2と絆に関しては演出は使い回していたため実質的には1~3の3作ですが、そもそも全24話のアニメでそこまで豊富な演出を用意することは難しいのでしょう。

今回の桜花忍法帖は、そんなネタ切れを補うために作られた商業的なニオイのキッツい作品だと感じています。

 

 

ただ、そう考えると「ユニバが依頼して作らせた」という事になりますが、実際のところはそうとは限りません。

 

スロット業界はご存知のように規制をねじ曲げてでもバジ絆を置いておきたいくらいのバジリスク依存度を誇っていますので、その状況に目をつけた出版社側が続編を無理矢理に作った可能性も大いにあります。

 

 

要するに「バジの新作つくればパチンコ業界が飛びついてくるっしょwww」という考えがあったのではないかという事ですね。

 

これに関しては正直、どちらも大いにあり得てしまうので全く分かりません。笑

ただひとつハッキリしていることがあるとすれば、いずれにせよ純粋に物語としてバジリスクシリーズの続編が作られた可能性は非常に低いということですね。

 

そのくらい「バジの続編」というものには違和感を覚えるということです。

 

これならばいっそ「甲賀と伊賀が和解していた場合のifストーリー」を作ってくれた方がよっぽど興味を惹かれました(´д`)

初代アニメでもちょっとその話をやったワケですし、そこを広げてくれた方が面白かったのではないかとおもうんですがね・・・。

 

ま、結局そうなると「スロットとして作りにくい」という本末転倒(?)な結果になってしまうと判断されたのかもしれませんがw

 

とにかく、これからは絆でエンディングを見る度に来世邂逅とか格好良いこと言いながら生きのびちゃった弦之介の気まずさを汲み取ってあげないといけませんね。

 



 

・桜花忍法帖のフリーズを考えてみた

 

バジリスク フリーズ©ユニバーサルエンターテイメント

 

 

さて、そんなワケでスロット化はほぼ間違いないと思われるバジ桜花

 

となると、当然気になるのはフリーズに使われるシーンです(o^^o)

恐らく実際にスロット化されるにはもうしばらく時間がかかるでしょうが、先に予想して楽しむのも一興というものでしょう。笑

 

 

というワケでここからはフリーズ演出を予想してみたいと思います(^_^)b

 

個人的にはやはり、弦之介と朧が登場するのが1番熱い展開になるのではないかと思いますね(・∀・)

フリーズ以外では一切姿を見せない2人が登場し、自分の子ども達がピンチのところを救い出す・・・なんていうフリーズは「いかにも」という感じがして良いのではないかと思います(o^^o)

 

恩恵は真瞳術チャンス極とかにして、子のカットインが通常、弦之介カットインでハイチャンス、朧カットインで確定&真瞳術ストックなんて作りがウケが良いのではないでしょうか(・∀・)

 

期待枚数は2000枚くらいで、絆のようなフリーズ後のヒキに左右されやすいタイプではなく安定してその程度の枚数を取れるものが望ましいですね。

 

 

 

・・・と、ここまで書いて思い出したのですが、そもそも小説版桜花には弦之介と朧は登場しないようですね。

これじゃあ原作無視もいいところです。

 

 

 

が、それを言うなら弦之介と朧が生きている時点で完全な原作無視ですので細かい事は気にしないでOKでしょう(・∀・)笑

 

 

とにもかくにも、いつ「バジリスクシリーズ最新作」の文字がネットに飛び出すのか楽しみにしていきたいと思います(o^^o)

 

 

というワケで今日の記事は以上です。

それでは。

 

応援お待ちしてます!(o_ _)o

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。