<5.9号機は終わったのか>年明けのパチ屋はやっぱり混んでいる・・・が、ブラクラ3の島を見てみると?

投稿者: | 2018年1月4日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日は「ブラクラ3の島が悲惨なことになっていた」というテーマで記事作成したいと思います。

 

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

 

・5.9号機の本気

 

さて、これは昨日の話。

 

閉店チェックはしているものの、大した台が無かったため12時頃にホールへと向かいまいした。

 

流石にまだそこまで人はいないだろうと思い駐車場へと進んだのですが・・・

 

 

あれ、立体駐車場が2階まで満車だ(゜_゜;)

この駐車場はそこそこ大きいため、2階が満車だとホール内の状況は混雑しているとみて良いくらいです。

 

案の定、中に入ってみると人、人、人といった感じ(T-T)

空き台はほぼ無く、バラエティーに至るまでほぼ全台埋まっていました(・∀・)

 

これはちょっと予想外でしたね、昼から夜にかけて稼働が上がるモノだと思っていたのでこの時点で空き台が無いような盛況ぶりになっているとは。

 

これはちょっと打てそうな台が空くまで待った方が良いかと思い、15分ほど待機。

人が多ければチャンスも増えるというのが基本ですからね(^_^)b

 

 

んで、15分後。

 

 

 

更に人が増えてきてしまいました。笑

ここまで来ると、反対に「空き台になってもすぐに座られてしまう」という状況になってくるので天井狙いなんてできるはずもありません(^^;)笑

 

その後もどんどん人が入ってくるため、本格的に稼働が100%に近くなっていました(・∀・)

これは流石にいても無意味だと思い、最後にホールを一周して帰ることに。

 

ホント、空き台かと思っても下皿にメダルがあったり飲み物が置いてあったりで全く空き台がありません(´д`)

店長ウハウハだろうなーなんて思いながら帰ろうとすると・・・

 

 

 

なんと、一島(というか一機種)だけ誰も座っていないという嘘みたいな光景が広がっていました。

 

バラエティーすら埋まっているこの状況で、5台島を獲得しておきながら誰一人として打とうとしない機種。

 

その台は・・・

 

 

 

 

ブラックラグーン3でした。

 



 

・準新台なのに!ブラクラ3が通路になった理由

 

ダメ 規制

 

そう、通路化していたのは割と新しめの機種であるはずのブラクラ3でした。

 

年末年始というのは基本的に「いつもはあまり打たないけどたまの休みだから」という感じでホールに来る人が増えます。

いわゆるライトユーザーと呼ばれる方々ですね。

 

こういった人からすれば、本来ならば「打った事の無い台」という意味でも人気のあった版権」という意味でもブラクラ3は注目されていいはずです。

 

 

ですが、結果は見るも無惨な完全通路

 

マジで一人も座っていないのがこのコーナーだけだったので、これはもう打たれない理由というものが存在することは明白です。

 

 

では、その理由とは一体なんだったのか。

 

 

それはもちろん、「5.9号機の台は打ってはいけない」という認識をライトユーザーまで共有しているという事に他なりません。

 

やはり、久しぶりに打ちにいくのであれば今ホールにある台の調査というものを行う方はおおいでしょう。

そんな中でブラクラ3を調べてみれば、自ずと5.9号機というものの存在にもたどり着きます。

 

そして、その5.9号機というのがどうしようもないくらい打ち手不利の規制で縛られているということも容易に調べが付くはずです。

 

まぁざっと挙げても、

 

  1. 天井無し
  2. 出玉にリミットあり
  3. 吸い込みは従来の台と変わらず

 

と、ネガティブな要素の集合体と言っても過言ではないような劣悪なものである事は分かりますからね。笑

 

 

そんな規制の下で作られたブラクラ3に魅力を感じる人がいないというのは、ある意味当然の結果だったと言えるかもしれません。

 

 

・5.9号機は「ギャンブル依存症の予防」には役だった?

 

 

さて、そんなワケで見事なまでの不人気ぶりを発揮したブラクラ3。

 

結局のところ、5.9号機の規制はギャンブル依存症への予防という意味では一定の効果があったのかなと思います。

 

 

そりゃそうですよね、年始に人が近寄らない機種なんて平日になったらもっと打たれなくなるワケですからw

「新規のパチスロ人口を増やさない」という方向で依存症対策を図ったのならば、成功と言ってもいいでしょう。

 

 

もちろん本来は「既にギャンブル依存症の疑いがある人間」をターゲットにした規制を敷くのが最優先だと思うのですが、どうやら5.9号機というのはそういった方々へ向けたものでは無いようです。

 

そこの順番を考えていないような規制だから、打ち手にも「ただの搾取助長」にしか映らないのでしょうね。

 

 

6号機の規制は、こうならない事を切に祈ります(絶対無理でしょうけどw)

 

 

というワケで今日の記事は以上です。

それでは。

応援お待ちしてます!(o_ _)o

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。