<まどマギAの機械割が凄い>「SLOT魔法少女まどか☆マギカA」がいよいよ導入!設定6は非等価仕様か?

投稿者: | 2017年12月18日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日は12/18導入の新台「SLOT魔法少女まどか☆マギカA」について記事作成したいと思います( ^o^)ノ

 

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

 

・スロットまどマギ初のノーマルタイプ!

まどマギA©UNIVELSAL ENTERTAINMENT

 

 

さて、いまやホールのメイン機種の一員となったスロットのまどマギシリーズ。

そのまどマギシリーズの新台、まどマギAがホールに導入されます(・∀・)

 

公式サイト

 

導入台数は約25000台と、今年出た台の中でもトップクラスの規模となっています。

この数字だけ見ても、いかにまどマギというコンテンツが期待を集めているかが良く分かりますね(^_^)v

 

さて、スペックなどの解析面・・・は、例によって割愛しまして。笑

 

 

今日はまどマギAへの個人的な期待や設定予想などを記事にしたいと思います(o^^o)

 

 

・等価店ではベタピン・低設定が基本か

 

 

さて、まずはやはり設定状況について語らねばなりますまい。

今回のまどマギはノーマルタイプである以上、初代や2以上に設定を意識した立ち回りが重要になってきますので当然ですね。

 

 

・・・そう、今作はノーマルタイプ

 

 

つまり、まどマギの代名詞とも言えた穢れシステム天井・ゾーンなどは一切搭載されていないということです。

 

要するに、勝つ為には高設定を掴む以外に方法は無いということです。

 

 

そこでこの台の機械割(出玉率)に目を向けて見ますと、なんと設定6の完全攻略で117%

 

かのバジ絆番長3に迫る、現行機屈指のハイスペックな台となっています(^_^)b

 

 

そして更に。

 

なんと、低設定でもフル攻略でほぼ100%に近い割を実現。

 

 

つまりこの「まどマギA」という台は、

 

  1. 高設定に座れれば大勝利も現実的
  2. 低設定に座ってもほぼノーダメージ

 

という、まさに夢のような機械に仕上がっているのです!!

 

 

こりゃあヤバいですね、ぜひこの年末年始はまどマギAをぶん回しましょう!!!

 

 

 

・・・と、素直に喜べればどれだけ幸せだったことか。笑

 

 

もちろん、現実はそう甘くはありません( ̄△ ̄)

 

順を追って考えてみましょう。

 

 

まず、大前提として「低設定でも甘い(割が高い)台」というのは「なら設定は1で良いか」という扱いになりがちです。

 

それもそのはず。

 

 

そうでもしないと儲けがでないからです。

 

ホールは慈善事業ではありませんので、当然できることなら全ての台で利益を確保したいと考えているはずです。

そんな状況において、1でも利益が見込めない台に設定を使う余裕があるかは甚だ疑問です

 

 

特に、等価店では間違いなく平均設定が1に限りなく近い状況になるでしょう。

 

もしくはそこまで導入されないかですね。

僕の地域は等価なのですが、どうもこちらの「低設定が甘い台は置かない」という選択をしたホールが多いようで各ホールともバラに1~2台程度の導入となっていますw

 

 

非等価店ならば「設定1の機械割が100%」と言っても換金ギャップで利益が生まれますので、少なからず高設定が使われる可能性はあります(^^)/

もちろん等価でも設定6を入れるホールが無いワケではないと思いますが、割合で考えるならばやはり非等価の方が高設定は多くなりますからね。

 

特にまどマギAの設定6は平均差枚で4000枚以上の客側プラスとなりますので、等価で入れるホールがあるとすれば文句ナシに優良店と言って良いレベルでしょう(・∀・)

 

なので、とにかく大事なのは打つ店を慎重に選ぶこと

これに尽きますね。

 



・まどマギAを打つのにおすすめのホール

 

優良店

 

さて、そんなワケでまどマギAについては「ホールの扱い次第」というありがちな結論になってしまいました。笑

 

でも、正直ノーマルタイプで登場した以上はこの宿命からは逃れられません。

ですので、打ち手として大事なのは少しでも高設定を使っているホールを探すことです。

 

今回は具体的にどんなホールが狙い目となるか、考えてみます(^-^)

 

 

・まどマギ含む「萌え台」に高設定を使うホール

 

まずはやはり、萌え台の強いホールというのが1つの指針になると思います。

具体的にはまどマギシリーズ戦国乙女シリーズ、あとは物語シリーズの台に高設定を投入する傾向にあるホールには期待が持てるでしょう(o^^o)

 

こういうホールを押さえているのであれば、新台期間やイベント日に設定狙いをする価値は非常に高いと言えます。

 

 

・ハイスペック機に高設定を使うホール

 

さて、お次はこちら。

台の傾向などに関係なく、純粋に高設定が強い台にも惜しみなく6を使ってくれるホールならばこのまどマギAは久しぶりの看板機種となり得るでしょう(^^)/

バジリスク絆番長3、あとはゴッド凱旋などの119%台に高設定を使うホールならば、この台にも当然高設定を入れてくるハズです(・∀・)

 

ただ、そういったホールはライバルも多いと思いますので狙い台を確保するまでが大変だったりしますがね(^^;)

 

 

・ノーマルタイプの強いホール

 

最後はノーマル推しのホールですね。

これは純粋にジャグラーシリーズハナハナシリーズ、あとはハナビなどのアクロスシリーズを大切に扱っているホールを指します。

 

そういうホールにとっては「ここ1番で出したい時」の切り札的な存在になると思われますので、常に状況をチェックしておくとグッドですね(o^^o)

Aタイプで117%というのは最近の台には無かった高スペックですので、ノーマルで出玉感を出すには持ってこいの台となります(・∀・)

 

 

 

・まとめ

 

さて、そんなワケでまどマギAについての個人的な意見を書かせて頂きました(^^)/

 

演出などはまどマギ2の流用も多いようですし、リーチ目や目押しなどの「ノーマルタイプとしての楽しみ」ではアクロスシリーズには敵わなそう。

 

やはりこの台が受けるか否かは「ホールが頑張れるかどうか」に掛かっていそうですね(゜_゜;)

 

 

ART機のような「誤爆」「事故」といった設定不問の出玉に期待が出来ないワケですから、当然低設定しか置いてないホールでは楽しみもくそもありません

 

確かに最初はユニメモの回収目当てで回されるかもしれませんが・・・。

 

 

 

 

ん?

 

 

「ユニメモ埋めたい」

「まどマギAは1でも100%だから負けない」

「ぶん回しても損しない」

「まどA神」

 

 

 

なんだかこんな話になってしまいそうな気がしてきました(゜゜;)笑

 

僕自信はほとんどユニメモなどのデータ収集の類いはやったことがないのですが、それは一度初めてしまうとコンプしたくなってしまうからです

そのくらい中毒性というか、凝り性な人ほどハマりやすい要素であることは間違いないと思います。

 

 

そこに加えてのスペックの甘さ

 

 

もしかしたらまどAは「低設定でも回されるAタイプ」の新たな形を作るかもしれませんね(^-^)

 

 

というワケで今日の記事は以上です。

それでは。

 

応援お待ちしてます!(o_ _)o

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。