<マジハロ6が検定通過!?>人気シリーズ「マジカルハロウィン」の続編が検定を通った模様

投稿者: | 2017年12月17日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日はマジハロシリーズの最新作が検定を通過したとの情報を目にしましたので、そちらを記事にしたいと思います。

 

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

 

・マジハロ6が5.9号機で登場!?

マジハロ 金悪箱©KPE

 

さて、タイトルにもあるようにマジハロ6が検定を通過した模様です( ^o^)ノ

 

これはまとめサイトのスロ板‐RUSHさんが報じている情報です。

 

こちらの記事のソースとなっているのが業界人向けの情報サイト、パチンコビレッジさんの最新検定通過情報ですね。

その他の検定情報なども見ることが出来ますので、興味のある方はぜひ(^-^)

 

 

・マジハロシリーズの思い出

 

というワケで、大好きなマジハロシリーズの最新作が登場予定となっては記事にせずにはいられない!!という思いで早速取り上げてみました。笑

 

 

ま、大好きとは言っても基本的にマジハロ5オンリーなんですけどねw

その他に打ったことがあるのは3と4で、それ以前の台は僕がスロットを打ち始めた時にはホールに残っていませんでした(^^;)

 

マジハロ3は1回しか打ったことが無く、しかもその1回がデータ機の説明が間違っていたせいで天井ゲーム数をミスるという最悪の思い出しかありません(T-T)

「BIGにボーナス、REGにARTをカウント」という注意書きがわざわざしてあったにも関わらず、実際にはREG側にそのままバケをカウントしているという超適当な説明にしてやられましたw

 

思えば、店員にガチ抗議したのは後にも先にもこの時だけです。

打ち始める前に「これデータ機の説明あってますか?」と訪ねて「間違いないです!」との解答を得ていたため打ったのですが、それが見事に間違っていたワケですからね(゜Д゜)

 

 

その点マジハロ4は筐体でゲーム数が確認出来たので良かったですね(・∀・)

しかも、4はキチンとデータ機のREG側にARTをカウントしているホールがほとんどだったため、天井直前の台を拾えたことも何度かあります♪

 

1000枚クラスの出玉なら何度となく獲得出来たりもしましたし、個人的にはその時ある中ではかなり好きな台でした(^_^)v

何なら、今の機種ラインナップの大半の台よりマジハロ4の方がマシなんじゃないかとさえ思っています。笑

 

 

ただ、やはり問題点もありました。

 

 

  1. コイン持ちの悪さ
  2. CZの無理ゲー感(小役4連でしたっけ?)
  3. バケの絶望感
  4. 継続率管理と謳いながらほぼ1%継続のART

 

など、辛すぎてとても平打ち出来る台では無かったと記憶しています(>_<)

あくまで天井狙いで打っているから勝つことができ、勝つことが出来たから良い思い出になっているという典型ですね( ^o^)ノ

 

 

更に、従来のマジハロ好きからすると「こんなのマジハロじゃない!」という台だったようで、あっという間に客飛びを引き起こしました。笑

この時は4以外のマジハロをほとんど打っていなかったため分からなかったのですが、正当進化を謳ったマジハロ5をそれなりに打ったいま改めて思い出すと確かにマジハロではないなという感想を持ちますねw

 

擬似ボーナスからラッシュを目指し、ラッシュ中に天国モードなどからのボーナスを絡めて出玉を増やす・・・

 

 

 

まんま番長シリーズですな。笑

 

この辺りは開発陣も相当反省したようで、次回作のマジハロ5で大逆転を果たすまで「マジハロは終わった」という認識を持たれることになってしまいました(T-T)

 

 

そして、再起を賭けて登場してきたマジハロ5は、周囲の台が5.5号機の規制で苦戦するなか上々のヒット作となり見事マジハロシリーズの名誉挽回を遂げた・・・という感じですね(・∀・)

 

マジハロ5に関しては、過去記事で何度も紹介している通り現在ホールに設置してある機種の中で最も好きな機種です(^_^)v

ここで語り出すと長くなってしまいますので割愛しますが、とにかく勝てた勝てた。笑

 

バジ絆で500枚出すよりマジハロ5で1000枚出す方が簡単だと本気で思っています(・∀・)

 



・5.9号機のスペックはマジハロ向き?

 

さて、そんなワケでマジハロ6の登場が楽しみになりました(^_^)v

導入日や詳しいゲーム性などはまた分かり次第お伝えしたいと思います♪

 

 

さて、このマジハロ6。

以前から続編についての噂はあったのですが、僕個人の予想では6号機になってからの登場となるのかなーと思っていました。

 

というのも、KPEは既に5.9号機として戦コレ3をリリースしています。

ご存知の通り、5.9号機の期間は非常に短く来年の2月からは早々に6号機へと移行してしまいます。

 

なので、この短期間に2機種も発売するというのは完全な想定外でしたね(^^;)

ここにどんな狙いがあるのかはいまいち不透明ですが、基本的にマジハロシリーズは一撃性を控えめにした代わりに安定した出玉を提供してくれる本当の意味での遊びやすいスペックになっています( ^o^)ノ

 

 

ですので、そこを考慮すると規制の影響を最小限に食い止められる台を作りやすいのでは無いかと思います。

ある意味、ブラックラグーンとは正反対に位置するコンテンツですからね。

 

僕もあれだけ得意だの大好きだの言っておきながらマジハロ5で一撃3000枚を超えたことは2回ほどしかありません(‥;)笑

 

そういうシリーズだからこそ、5,9号機だろうと問題なく開発できるという判断に至ったという事でしょうね(^-^)

 

 

とにもかくにも、全く新台が楽しみにならない状況でようやく続報が気になる台が出てきたことは素直に嬉しいです(´д`)

恐らくハイエナ要素は皆無に等しいでしょうが、設定狙いが出来るチャンスがあればぜひチャレンジしてみたいと思いますね(気が早い)。

 

 

というワケで今日の記事は以上です。

それでは。

 

応援お待ちしてます!(o_ _)o

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。