<バジ絆のペナルティー対策>絆のスルー狙いで「天井が発動しない」という事態を避ける方法

投稿者: | 2017年12月16日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日は「バジ絆でスルー天井が発動しないという事態を回避する方法」というテーマで記事作成したいと思います。

 

 

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

 

・危機回避にはこまめなチェックが不可欠

 

損を回避

さて、今日の記事は昨日アップした記事の続きということになります(・∀・)

 

昨日の記事では「バジ絆のスルー天井が発動しないのはなぜか」という事を扱いました。

ザックリ振り返ると、

 

  1. 絆の仕様上、実際には引いていないBCがデータ機にカウントされることがある
  2. 絆のスルー狙いはデータ機を参照するため、ここで間違った表示のものを掴んでしまうと大負けの可能性がある
  3. 誤カウントの具体的な理由としては押し順ミスオールベルがある
  4. これらの事に気をつけ、絆のスルー狙いは立ち回る必要がある

 

 

という感じでしょうか(^-^)

 

詳しくは昨日の記事をご覧頂ければと思いますので、まだ読まれていない方はぜひ( ^o^)ノ

 

 

さて、ここからが今日の本題。

 

 

ペナやオールベルでスルー回数が間違って表示されている場合、それを察知する方法はあるのか・・・ということです。

 

 

ま、記事にまとめる以上はあるんですけどね。笑

今日はそこのところを掘り下げてみたいとおもいます(^_^)v

 

 

・スランプグラフをチェック

 

スランプグラフさて、スルー回数の確認の上でまず1番最初に見なければいけないのはスランプグラフです。

 

これは単純明快、グラフの動きとBC回数などが連動しているか否かの確認を行います。

 

 

例えば、自分で8スルーの台を見つけたとします。

ここですぐに打つのではなく、BCに当選したゲーム数を考慮しながらのグラフチェックを行います。

 

通常、8スルーまで来ていればBCのヒキが相当良くない限り大きなマイナスを作ってしまうことになります。

ですので、スランプグラフは当然右下に下がっている真っ最中だと思われます

 

これを確認するだけでも、ペナ台やオールベル台を掴んでしまう可能性はかなり下がりますね(・∀・)

 

 

そして、吸い込んでいる最中であることを確認できたのちに打ち始めるというワケです。

 

 

反対に、8スルーもしているのに大して負けていなかったら要注意

100G以内でBCを引きまくっているとかだとちょっと分からなくなってしまうのですが、スルーのまっただ中にあってもグラフが右上に動いている区間がある台は高確率で途中にペナかオールベルをされています。

そして、その影響でバジリスクタイムがカウントされていない可能性がある・・・という事ですね(T-T)

 

 

そういう台は、打ちたい気持ちを堪えて無視しましょう。

最悪の場合はAT抜けから天井狙いをスタートさせることになってしまうため、めちゃくちゃ勿体ないですw

 

 

・BCの獲得枚数をチェックする

 

さて、お次はこれ。

 

ホールによっては毎回のBCで何枚獲得したかをチェックすることが出来ますので、その機能が付いているホールでしたらぜひ利用しましょう( ^o^)ノ

基本的には40枚~45枚ほどの獲得になりますので、その範疇でしたら問題無くスルーしていると思います(^-^)

 

 

ですが、BCの獲得枚数が0枚だったりしたら確実にアウト

ペナルティーによる間違ったデータカウントの可能性が非常に高くなりますので、そのBCは数えないようにしましょう。

 

というより、大事をとってそのスルー台は打たなくても良いかもしれません(‥;)

特にスルー回数が5回、6回あたりですとバグに気がついたときには自分で5スルーさせていて手遅れ・・・という可能性も大いにあり得ますからね。

 



 

・前任者で判断する

 

 

さて、これはちょっと下世話な話ですが「前に打っていた方を見て判断」というのも有効です。

 

いかにも適当打ちという感じの方が打たれていたのならば、それはスルー天井に気付かずに辞めて行かれたという可能性が大きくなります。

 

 

ですが、スロットを打ち慣れていそうな人がスルーしている状態で辞めていった場合は、バグの可能性がグッと上がりますね。

特に9スルー、10スルーといった深いハマりで辞めていった場合は「途中でATに入ったが押し順ミスorオールベルでATがカウントされなかった」という可能性が高くなります。

 

まぁ、これだけスルーしているのならばとりあえず天井まで打ってしまうのも1つの手ではありますが。笑

 

 

この辺りは自分自身の経験に基づく判断が必要なため、少し難しいかもしれませんね(^^;)

そもそも見かけだけでその人がスロット詳しいかどうかなんて判断しきれるハズがないので、基本的にはグラフと枚数のチェックを怠らなければそれでOKです♪

 

 

・まとめ

 

というワケで、以上がバジ絆のスルー天井狙い時における注意点になります。

 

これを守っていれば、そうそう「天井が発動しない!」という事態には出くわさないと思います(・∀・)

 

 

もし11回目のBCからバジリスクタイムに当選しなかった場合は、今回の記事を思い出して原因究明をしてみて下さい(>_<)

 

僕自身も最初に苦い思いをしたために、絆のスルー狙いをする時はグラフチェックから入るクセをつける事が出来ました。

ですので、それを教訓に次回以降の立ち回りを改めればそれでヨシだと思います(^_^)v

 

 

というワケで今日の記事は以上です。

それでは。

応援お待ちしてます!(o_ _)o

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。