<5.9号機とは>スロットのゴッドイーター2における「ART強制終了」はバグではなく仕様です

投稿者: | 2017年12月6日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

 

今日は「ゴッドイーター2のエンディングが急に終わる現象」について初心者向けに簡単に記事作成したいと思います。

 

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

 

・いきなり終わる、それが5.9号機のART

終わり

 

さて、まずはなぜこの記事を書こうと思ったかですが。

 

 

前々から何度もこのブログでは取り上げている通り、5.9号機の1台目となる戦コレ3のARTがまるでバグのように強制終了するという衝撃の事実。

 

 

これは僕個人も大いに驚きまして、記事にまとめました↓

 

 

これは前々から言われていたいわゆる3000枚規制を台に反映させた結果の産物です。

 

このあまりに唐突な終わり方はまさに「スロットはもうダメかも」と思わせるくらいの破壊力を持っていました。

 

 

さて、そんな事件から少し経ち。

 

今週、5.9号機第二弾となるブラクラ3ゴッドイーター2がホールに導入されました。

 

 

当然ぼくとしては「5.5号機までの台があるうちはもう誰も打たないだろ・・・」と思っていたのですが、流石に新台導入後間もなくという事で多少は回されていました。

 

と言っても、僕が見にいったのはブラクラ3を5台入れた店だったのですが、導入2日目にして2台空いてましたけどね

 

 

グラフを見ると、改めて打つべきではないなと思わされたのですが、それはまた別のお話となってしまいますので割愛。笑

 

 

とにかく、「5.9号機=出ても3000枚いかない」という事は周知のはずなのに稼働がゼロではないわけですから、率直に皆さん勇気あるなぁという感想を持ちました。

 

さて、そんなワケで帰宅。

ネットを見ていますと、こんな話題を見つけます。

 

 

 

「ゴッドイーター2打ってたらエンディングで強制終了したんだけどバグか?」

 

 

 

ん?

 

 

もしや、まだ5.9号機の規制って浸透していないのか?

 

改めて考えてみると、確かにホールで「5.9号機コーナー」を設けているワケでも「この台は有利区間1500Gで自動的に終了します」という注意書きをしているワケでもありません。

 

 

先ほど紹介したホールも、普通に番長3と並べてブラクラ3を設置しています。

 

 

もしかしたら、決して少数ではないプレイヤーが実はまだ規制のことをあまり知らないのではないのか、という事に気がつきました。

 

 

というか、パチ屋側が意図的に隠している感すらあります。

相変わらず卑劣ですねー。

 

 

と言うわけで、今日の記事でもう一度お伝えしておこうとおもった次第です。

 



 

・ブラクラ3とゴッドイーター2は天井ゲーム数もナシ!

天井なし

 

 

さて、現時点でブラクラ3とゴッドイーター2、それと戦コレ3が該当する5.9号機規制の仕様を改めてまとめておきたいと思います。

 

これを知らずに打つとめちゃくちゃ損をした気分になると思いますので、まだ規制についてそんなに情報を得ていないという方には是非1度読んで頂きたく思います。

 

 

・有利区間(高確からARTまで)は最大1500G

 

まず1番大きいのはこちらでしょう。

 

今回の記事の発端にもなった「ARTの強制終了」ですが、その原因がこれ。

有利区間を1500Gまでしか継続させてはいけないという規制です。

 

 

この有利区間とは何なのかについては過去に記事を書いていますので、そちらをどうぞ(o^^o)

 

 

この規制により、ARTの終了ゲーム数が厳格に定められてしまいました

1500Gを1ゲームたりとも超えられないのです

 

それを処理するための苦肉の策として、いま話題になっているARTの強制終了が起きているというワケですね。

 

 

・天井は非搭載

 

さて、次はこちら。

 

見出しにも書きましたが、天井は無し

ついでに言うと、ブラッドプラスのようなハマりに対する恩恵というものも一切ございません

 

 

これに関しては理屈は僕も分かっていないんですが、とにかく「ムキになって追うのは絶対にNG」ということはお分かり頂けると思います(-_-;)

 

 

そう、5.9号機はハマりに天井がないのに出玉には天井があるんです

 

(ま、厳密に言うとノーマルタイプもこれに当たるんですけどゲーム性が違い過ぎますねw)

 

 

一撃で良くても2500枚ほどしか目指せませんので、それ以上遣えば捲りには絶対に届き得ません

そう考えると、打つ気がなくなってしまうのは僕だけではないのではないでしょうか。

 

 

 

・まとめ

 

というワケで、取り急ぎ5.9号機を打つに当たって必要な知識をお伝えしました(・∀・)

 

とにかく、何度も言いますが5.9号機の台は恐ろしく割に合わない勝負を強いられます。

なので、打つ以上は少しでも高設定を使っている可能性のあるホールにいくしかありません。

 

 

が、5.9号機に設定を使ってくれるようなホールなら旧基準機にも恐らくそれなりの状況が期待できるでしょう

となると、結局出玉力の面で旧基準機に流れるのは自然な事なのではないかなーと思います。

 

 

とにかく、ホールで大量上乗せをしてから「なんで終わった!?」となってしまうのはあまりにキツすぎます(T-T)

ぜひ少しでも多くの方に「5.9号機」というものの存在を知って頂き、納得された上で打たれるようこの記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

というワケで今日の記事は以上です。

それでは。

応援お待ちしてます!(o_ _)o

 

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。