<グランドオープンって出さないのが普通?>マルハン新厚木店がオープンから3日経ったワケだが・・・

投稿者: | 2017年8月13日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日の記事は「マルハンのグランドオープンから見る最近の傾向」をテーマにしたいと思います。

 

 

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

 

  • マルハン新厚木店のオープン初日を読み解く!!

graph10_oresen1

 

さて、さっそくですが本題に入っていきましょう。

 

 

まず、データ収集に使用したのはマルハンの公式アプリです(^-^)

今の時代は本当に便利になったもので、わざわざ出向かなくてもネットで出玉状況を好きなときにチェックする事が出来るホールというのが増えています\(^_^)/

 

当然、業界最大手のマルハンもそれに対応したアプリをリリースしており、ボーナス確率などを簡単に調べることが可能となっています(^^)

 

なので、調べようと思えば各機種の状況は誰でも調べることが出来るのですが、今回の記事ではアプリで見られる情報をベースにもう少しかみ砕いて考察していきたいと思います(・∀・)

 

では、さっそくデータの収集から参りましょう!!

 

 

パチンコは専門外ですので除外します(慣れている方ならデータ機から回転数とか分かるんですかね?)

 

 

  • ファンキージャグラー

 

1:全体データ

 

設置台数:41台

 

総回転数:212,200回転

平均回転数:1台あたり約5176回転

 

総BIG回数:758(1/280)

総REG回数:653(1/323)

 

合算:1411(1/150)

(設定3と4の間)

 

 

総回転数別の台数

 

~4000:8台

 

4001~5000:10台

 

5001~6000:11台

 

6001~7000:10台

 

7001~:2台

 

 

最低回転数:3410(BIG9、REG9、合算1/189)

 

最高回転数:7156(BIG25、REG27、合算1/137)

 

 

2:個別データ

 

最優秀台:総回転6840、BIG33、REG32、合算1/105

 

ワースト台:総回転数3865、BIG8、REG8、合算1/241

 

 

 

えー、というワケで、今回はファンキージャグラーに注目してみました(o^^o)

 

マルハン新厚木店は、スロット総設置台数の実に半数以上がジャグラーシリーズを初めとするノーマルタイプによって構成されており、その中でも最も台数の多いファンキージャグラーのデータを見れば傾向というものが見えてくるのではないかと思い選びました(・∀・)

 

で、初日のデータが上にまとめた数字です。

オープンが12時閉店が22時だったので営業時間は通常より3時間ほど短かったということになりますね。

 

注目すべき点は、やはり「設定6濃厚台が少ない」ということと「極端に悪い台も少ない」ということですね。

 

 

つまり、かなりの確率でグランドオープン初日は中間設定メインの配分だったということが予想されます。

 

数字だけ見ると、設定2~5のみ使用した・・・という感じではないでしょうか?

流石に1をいきなり入れてくることはないと思いますが、この感じではもしかしたら1も混じっていたかも知れません。

 

そのあたりは打っていた方の詳しい情報などもないと判断しかねますが、そのくらい状況は渋かったというのは間違いありません(゜Д゜)

 

 

それと、1つ考慮しないといけないのはノーマルタイプであるため「低設定濃厚台は早めに見切られやすい」ということですね。

 

上で挙げた数字からも分かります通り、最高回転数を記録している台は高設定挙動、逆に最低回転数の台は低設定挙動なのです。

最高と最低の間には、実に2倍もの回転数の開きがありますので、上に出ている総回転数の合算は実際の設定状況より若干良い結果が出てしまう・・・という事です。

 

 

それを踏まえて考えると・・・

 

 

 

グランドオープンって大したことないですね。笑

 

スポンサーリンク


 

  • グランドオープンに出す理由、出さない理由

 

さて、そんなワケでマルハン新厚木店のグランドオープンは「お世辞にもお祭りとは言えない」という事がデータ上では見て取れました。

 

もちろん、これ以外の機種やパチンコの方が強かったという可能性もありますが、データ上はそこまで強い島を見つけることは出来ませんでした。

 

絆を取れたという知人にも聞いてみたのですが、「どうにも全体的にパッとしなかった」と言っていたので、設定状況はファンキージャグラーと同等かそれ以下だったのではないかと考えられますね。

 

その知人は結局途中で辞めて帰ったそうですし、回りの人もかなり代わっていたという事です。

 

 

んで、それが時間短縮営業のオープン初日の状況です。

 

 

2日目以降は通常通りの営業時間ですので、セオリー通りならば設定状況は悪化します。

当然ですね、営業時間が短ければそれだけ高設定を入れてもホール側の負担は減りますから(^^)

 

 

そしてどうやら、そのセオリーはそのまま適用されたようです。笑

一応、昨日の昼頃にちょっと様子見をしにホールへ足を運んだのですが、すでにジャグラーを初めとしたスロットコーナー全体からやる気のなさが伝わってきてしまいました(T-T)

 

何より驚いたのが、様子見をしに行った昼過ぎの段階で既に空き台がチラホラとあったことですね(-_-;)

昨日はまだオープンから3日目ですので、バリバリのグランドオープン期間です。

 

にも関わらず、ジャグラーや番長3といったメインの台に空きがあったことには少なからず驚きを覚えました。

 

 

それも全ては「全体的に出ていないから」というのが原因でしょう。

回りの状況が悪ければ、いかにグランドオープンといえども不安を覚えて当然ですから(-_-;)

 

今時のお客さんはそのあたりの線引きをきっちり行っており、「グランドオープンだから全ツッパ!」という層はあまりいないという事の表れでしょうね(・ω・)

 

あまりに回収しすぎて、オープン1ヶ月で閑古鳥が鳴く・・・なんていう状況になってしまわないか心配です。笑

ホールの数が増えるということはそれだけ立ち回りの幅が広がるという事に直結しますので、出来れば高稼働を保っていて頂きたいのですが・・・(ToT)

 

今のままだと、お盆休みが明けてしまった後がかなり寂しいことになるのではないかなーというのが正直な感想です(-_-;)

 

 

というワケで、マルハンのグランドオープンについての所感でした(・∀・)

 

 

結局のところ、グランドオープンで出すか出さないかはあくまでホール次第、ということでしょう。

近隣に対抗してくるようなライバル店があれば最初から出していくのかもしれませんが、周辺に大きなライバルとなりそうな店舗はナシ。

さらに元々このホールはマルハン厚木店の改装に伴って移転してきたホールなので、地元の方への認知もばっちりと来ています。

 

そんな状況では、いくらグランドオープンといえどそこまで出す必要はないですよね・・・。

 

 

一昔前にはグランドオープンがめっちゃアツい時代というものもあったのかもしれませんが、僕のような割と最近スロットを始めた人間からすれば「グランドオープンでそこまで出す意味もないよな」という感じがします。

 

というのも、ネットで簡単にオープン情報などを手に入れられるようになった昨今では、「グランドオープン狙い」のプロ集団というのも行動範囲が広くなっているからです。

まずはそういう人間に対する対抗手段としてオープン期間は絞り気味の調整にし、しばらくしてから特定日に還元・・・というパターンが1番多いのではないかと思います(^_^)b

 

その証拠に、今回のマルハン新厚木店も最も期待できるのはオープンから1週間経った17日ですからね\(^_^)/

この日は完全に周辺地域の住人に絞って抽選券の配布をしているため、元からそれまでは様子見が正解という感じになっていたようです(・∀・)

 

もし券がある方は、その日まで軍資金を温存しておくのが正解かもしれません(o^^o)

 

 

というワケで今日の記事は以上です。

それでは。

 

応援お待ちしてます!(o_ _)o

 

こちらの記事もご覧下さい!


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。