<天井狙い目は9回で良くないか!?>サクラ大戦~熱き血潮に~、個人的クソ台オブザイヤー2017の座を獲得。

投稿者: | 2017年6月11日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日の記事・・・に入る前に1つ忠告を。

 

 

 

目次

サクラ大戦~熱き血潮に~が好きな方、今すぐこの記事から離脱して下さい。笑

\\記事を読む前に清き1PUSHを!//


にほんブログ村

  • クソ台のお手本なの?

 

 

はい、というワケで今日は思いっきりサクラ大戦~熱き血潮に~(以下サクラ大戦4)をディスっていきたいと思います。

 

 

まずは今日打った台の情報からいきましょう。

 

 

  • サクラ大戦4 スルー回数7回

 

この台の天井は「ポイント100%で突入するシアターのスルー回数」で管理されています。

10回目が天井となり、ART確定。

 

なので7回スルーしていれば打ってもいいかなぁという感じで打ち始めます。

ゲーム数は760Gだったのですが、まぁ天井にゲーム数は関係ないんでどうでも良いですかね(^^;)

 

 

打ち始めの詳しいポイントは忘れてしまいましたが、40以上貯まっているものはなかったと思います。

ポイントというのは下の画像の赤で囲んだ部分ですね。

©Sammy

 

んで、色を見て頂ければ何となく察しはつくと思いますが、各ハートに対応したレア役を引く事でポイントが加算されていきます。

 

 

 

 

1%ほど。

 

 

もう1度言います。

 

 

 

対応役引いても、1%しか貯まらないなんてザラなんです。

 

もちろん、レアという名のつく役だけあって早々引けるものではありません。

100G間で一度もレア役ナシなんてのも普通にあります。

 

 

それでやっっと引いたレア役でもらえるポイントがほぼ1。

 

良くても5%とか、そんなもんです。

 

 

僕はこのサクラ大戦4は今日が初打ちだったのですが、100Gほど回したところで頭の中には壮絶な警告が鳴り響いていました。

 

この台、レッドカードじゃ!!!!

 

打ち始めてしまった以上、天井までは追いますが・・・

 

 

一体いつになったら到達するのか、見当もつきません。

 

あまりにポイントが貯まらなすぎたため、レポートの意味も込めて100Gごとに経過を撮影することに。

 

まずは900G手前です。

 

上から46、40,37、7。

この時点で、打ち始めから全ポイント合計しても10ポイントも貯まっていません。

 

 

おいおい、こりゃあ想像を絶するクソ台だぞ・・・。

 

ま、まぁ、もしかしたら相当なヒキ弱でここまでポイントが得られなかっただけかもしれませんからね(^^;)

とりあえず回していきましょう・・・。

 

 

そうこうしているうちに、当然のように一度も100%にならないまま1000Gを突破。

その時のポイントがこちら。

 

 

上から49、46、38、7。

100G間で増えたポイントはそれぞれ・・・

 

 

+3、+6、+1、0。

 

 

 

・・・

 

 

 

 

金、返して欲しい。

 

ここまで打ち始めからおよそ250G、その間に増えたポイントはトータルでわずか20足らず。

 

 

これ、台の設計ミスを疑うレベルでヒドいと思うんですけど。笑

 

この台のゲーム性的に、直当たりの抽選はフリーズ(1/65536)以外してないと思います。

 

何引いても直当たりの前兆のようなものも来ませんでしたしね。

そして天井にゲーム数は関係なし。

 

 

つまり、ポイントが貯まらなければほぼ死にゲームというワケです。

 

なのに、肝心のポイントの貯まり方がご覧の有り様。

 

 

ここまでヒドい通常時、今まで出てきた台の全てを凌駕する圧倒的つまらなさでした。

 

ハマってる最中のジャグラーの方が100倍マシですね、次のレバーオンに期待が持てるという意味では。

 

 

さて、ハマりはますます深くなっていき1100Gに。

 

ポイントの状況は・・・

 

 

なんと、ここにきて初のポイント獲得ゾーン「アドベンチャータイム」へ!!

 

ご覧いただけますでしょうか、紫のポイントに煌めく+50%の文字が!!!

 

 

打ち始めて350G、ようやく入ったアドベンチャータイムが何とか希望を見せてくれました(^^)

 

どうやら、これに入らないと話にすらならないようですね・・・。

 

 

なのにそのアドベンチャータイムへの突入に投資500枚かかるって、どうかしてるでしょw

 

もう一度お断りしておきますが、アドベンチャータイムで抽選しているのはあくま好感度ポイントであってCZやARTではありません。

 

ここでポイントを獲得し、100%になったときに初めて抽選が行われるのです。

 

 

そう、チャンス(CZ)のチャンス(アドベンチャータイム)のためにサクッと投資500枚です(゜_゜)

 

 

これが面白いと思った理由がマジで聞きたい。笑

 

 

まぁ、開発側の趣味が打ち手とズレているのはいつものこと。

それはさておき、やっとこさポイントが100%になったワケです(・∀・)

 

 

これでいよいよARTだかCZだかの抽選が受けられますね。

 

んで、シアター準備中との画面から発展したのがこちら。

 

 

※写真を撮ったのが2回目の演出時だったため、ポイントがズレています。

 

 

あぁ、これが噂の「当たらないもぎり」か・・・。

 

案の定、手で持っているチケットをスカる細眉。

 

 

 

眉毛の手入れするまえにメガネかえやオルァァァアァァァアア(゜Д゜)!!!

スポンサーリンク



  • つまらなすぎて逆にセンスある

 

さて、そんなワケで仕切り直し。

次は1200Gですね、状況はこちら。

 

 

特筆すべきはスイカ対応の緑のポイントですかね。

 

打ち始めから1ポイントしか増えてないです←

 

他のも大概ですがね、アドベンチャータイムで加算対象だった紫以外はほとんど変化していません。

 

 

ここからも順調にハマり、次は1300G

 

 

この間にターゲットタイムというもう1つのポイント獲得ゾーンに入り、チャンリプ対応の青が+50%ほど。

 

他の数値は0、+2、0

 

 

てんちょー、ここにゴミおきっぱなしになってますよー←

 

 

あぁ・・・手を出す台間違えました、マジで・・・。

 

本気で後悔が頭の中を埋め尽くしてきたので、気を取り直して・・・

 

 

スロット画面見ずにスマホゲームやってました。笑

 

もう取りこぼしとかどうでも良いですわ、たぶんそう簡単に引かないですしw

 

 

さて、そうこうしている間に青のポイントが100%に。

 

んで、出てきたのはもちろん・・・

 

 

もぎ男。

 

 

当然、もぎれず。

 

1400Gも突破し、いよいよ「どこまでハマるか楽しみ」という謎の境地に達しました。笑

ちょっとゲームに夢中でゲーム数がズレてますが、ここでこの台唯一の良い点と共に状況を。

 

 

 

お分かりいただけたでしょうか。

 

演出失敗時のさくらの顏が可愛いっwww

 

それくらいです、この台のいいとこ。

 

 

さて、そんなこんなで・・・

 

 

 

ハマり、1500Gに到達。

 

 

そしてこのターゲットタイムで・・・

 

 

 

やっっっっっっと、天井到達です(T-T)

 

開始から実に800G弱。

打ち始めが7スルーだったので、天井ということはこれで3回目の100%ですね。

 

 

つまり、3回ポイント100%にするのにそれだけかかったという事です。

 

 

拷問か?笑

 

とりあえず、何はともあれ何とかART獲得。

 

 

これだけハマった末のART。

 

 

初当たり確率が重いARTは、それだけ獲得枚数が大きいのが常識。

 

 

さぞ楽しい、出玉感のあるARTがスタートするんでしょうね!!!

 

 

 

 

 

 

 

ま、思ったよりは出たよ(・_・)

 

他の人が打っていても全く出ているところを見たことがなかったので、こんなものだという事は覚悟できていました。笑

 

これでも敵将を2回撃破していますから、最低の結果とはほど遠いと思います。

が、まぁどう見ても強いARTとは言えませんな(^^;)

 

 

・・・というワケで、ここでやっと開放です。笑

 

とりあえず、今日の記事で一気に「サクラ大戦4VS歴戦の猛者(クソ台)たち」という比較までやろうと思っていたのですがあまりの恨み辛みのせいかかなり長文の記事になってしまったため、続きは明日書きたいと思います。笑

 

 

とにかく、読者の方(特に天井狙いなどで勝ちたい方)への忠告は1つ。

 

 

これは9スルーから打っていく台だと思う。

 

自力で3回貯めるのに800G。

 

これは時間効率という面から見ても圧倒的に弱すぎる台です。

おまけに一撃性もほぼなさそう(これはメインホールの履歴から見た感想)。

 

 

かつて、ここまで「打たなくて良い」と思わされた台はそうそう無かったと思います。笑

 

明日はこの辺を更に掘り下げ、この台の個人的クソ台オブザイヤー筆頭の根拠を解説していきたいと思います(・∀・)

 

 

 

というワケで、今日の記事は以上です。

 

 

それでは。

今回の記事が気に入っていただけましたらバナークリック頂けると幸いです(^^)


パチンコ・パチスロランキング



<天井狙い目は9回で良くないか!?>サクラ大戦~熱き血潮に~、個人的クソ台オブザイヤー2017の座を獲得。」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    好感度貯めるゾーンにぶちこめない自分を棚にあげて話すのはやめなよ。
    少なからず影響を受ける人が出てきます。
    たいして打ち込んでもいないのにそれだけで決めつけて記事にするのならツイートにしとけよカス。

    返信
    1. りょうた 投稿作成者

      匿名さん、コメントありがとうございます。

      好感度貯めるゾーンに「ぶちこむ」という表現をされていることから、さぞかし打たれている身としてもそれなりに重いという認識をされているということでしょうか?
      そもそも打ち込んでいる方が「好感度貯めるゾーン」という呼称を遣うかはさておき、それならば記事の内容に問題はないようですね。
      アドベンチャータイムの重さを起点とした通常時のつまらなさ全般を批判をしたつもりですので。

      それと、匿名で他人のブログに書き込んで「カス」等と言い残す方にTwitterやブログの使用方法を正される筋合いはありません(^^;)
      Twitterなら何言っても良い的な発言も意味不明ですしねw

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。