<ホール事情に変化あり?>ベタピン放置がメインのホールが、急にリセットを多用するようになった理由。

投稿者: | 2017年4月22日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

 

今日は、最近ちょっとした変化を周辺のホールから感じているのでそちらを記事にしたいと思います\(^_^)/

 

 

ご存知のように、僕が住んでいる地域のホールはほとんどがベタピン。

 

そして天井が近い台のみ設定変更という名のハマり消しをし、もちろん設定は1のままというホールがほとんどです。

 

 

一部例外の店舗もありますが、基本的には全リセがかかっているだけで優良店扱いというかなりレベルの低い地域です(-_-;)笑

 

その全リセホールにしても凱旋は据え置きオンリーだったり、そもそもリセットが掛かっている=高設定が入っているというワケではないので優良店というべきか怪しいんですがね。笑

 

 

さて、そんな設定1以外を打つことが難しい地域に住んでいるワケですが、そのおかげで天井狙いはすこぶるやりやすい環境にあります。

 

前日750ハマりのハーデスや7スルーの絆なんかも平気で据え置くため、朝一から行ける時はそういった台を中心に攻めて行けば良いワケです。

 

また、ちょっと回れば打てるような台も据え置きが分かっていれば育った時に安心して打っていくことが出来ます。

 

 

そんなワケで、「設定狙いがしたい」という僕個人の思いとは裏腹に天井狙いオンリーのスロット報告が続いているんですが・・・

 

 

ここに来て、そんなベタピンホールたちの様子が変わってきました。

 

なんと・・・

 

 

浅いハマりでもリセットがかかる事が増えてきたのです(゜Д゜)

 

一体なぜ、ベタピン据え置きから脱却し始めたのか。

 

また、そういった店の方針変更をどうやって察知すれば良いのか。

 

 

今日はその辺りを中心にお伝えしていこうと思います。

 

といっても、これはホール毎によって違ってくる話だと思いますので、半分雑談のような感じで気楽にお読み頂ければと思います(^^)

 

 

それでは、よろしくお願いします。

 

 

 

  • なぜ今更リセットかける?

 

 

 

さて、まずは最近感じた異変の正体。

 

ずばり、「据え置き濃厚のゲーム数だった台にリセットがかかるようになっていた」というものです。

 

 

これはメインホールだけでなく、周辺のホールも一斉に変わり出しましたね。

 

例えばT店では、絆の5スルーがリセットにより消されていました。

 

このホールはかなりチェックが甘く、戦コレ2のようにゲーム数と中の数字がズレるタイプの台ではかなり深いハマりの見落としなんかもあったホールです。

 

 

そんなホールが、絆のスルーをきっちり消してくるというんだから驚きです。

 

しかも、天井間際とかではなく5スルーですからね・・・。

 

 

正直、かなりのシビアさだと思います(._.)

 

他にも、先日打った初代まどマギが前日350やめだったのですが、当日430Gでゲーム数からのボーナス当選という事もありました。

 

宵越しの700Gで穢れが飛ばなかったことも含めると、これもリセットとみるのが無難でしょう。

 

 

そしてメインホール。

 

こちらも据え置きばっかりのホールで、下手するとハーデスの900Gくらいまで残っている時もありました。

 

がしかし、今日ふらっと立ち寄ってみると・・・

 

 

 

北斗強敵の前日500やめがリセットされていました(゜Д゜)

 

当日の1600G、つまりおは天に到達していたので間違いないでしょう。

その他にも、ハーデスの300Gやめやサラ番の460Gやめなんかもリセットが確認できました。

 

 

一体、なにが起こっているというのでしょう(。・ω・。)

 

旧イベ日にすらメインコーナーの凱旋を余裕の据え置きにしていたホールとは思えません。

 

恐らく、確認できていないだけで他の台もリセットがかかっていたと思います。

 

一言で表すと・・・

 

 

Why?

 

 

・・・という感じで、僕の周りのホールがリセットだらけになり始めた、というのが近況ですね。

 

スポンサーリンク



 

  • リセットが多い、という事は・・・

 

さて、それでは本題。

 

 

リセットが多いということはつまり、設定変更をかけているという事になります。

 

てことは、高設定に期待が・・・!?

 

 

となりがちですが、それは早計です。

 

今まで据え置きばかりだった店が急に変更を多用するという事は、それまでの方針が変わったという所までは間違いないです。

 

ですが、それ=6が入るかというとそんなに甘くはないでしょう。

 

 

まずは、お店の傾向を探っていくことが大事です。

 

ただ単にハマり消しの意味合いを強くしたのか、それとも本当に設定をいじる気になったのか。

 

 

この辺りを探るには、誤爆の多いAT・ART機よりもノーマルタイプの島を観察するのが良いと思います。

 

というのも、機械割の高いAT機に高設定を入れる気があるホールならばノーマルタイプもそれなりにベースを上げてくるはずですから。

 

設定に忠実な分、AT機よりも変化に気付きやすいと思います。

 

なので、ホールのリセット状況が変わって設定配分を探りたいならまずはジャグの島を見に行く・・・というのが手っ取り早いかと思いますね\(^_^)/

 

 

実際、例に挙げた2店舗ではジャグ・ハナハナの稼働が上がっており、中間~6もありそうな台がチラホラ見受けられるようになりました。

 

こういう状況が続くと、旧イベント日などには設定狙いをするという選択肢も生まれてきますね(^^)

 

まぁ、連休前のエサ撒きと言われればそんな気がしないでもないですけど。笑

 

 

 

反対に天井狙い、ゾーン狙いはシビアに立ち回る必要性が出てきます。

 

今まで残っていたハマりがリセットされるとなると、思いもよらぬ痛手を負うことになってしまいますからね(T-T)

 

僕は一度浅いゲーム数でのリセットがかかっているのを確認できたら、それ以上のゲーム数は全て消されている前提で動くようにしています。

 

今回メインホールでは北斗強敵の500Gがリセットだったので、据え置き込みでの天井狙いはほぼ出来ない状況となりましたね(-_-;)

 

 

まぁ、今年入って1台も打ってないんで強敵に関してはどっちでも良いんですけど。笑

 

とりあえず、そういった「リセット状況が変わり始めた」という事を察知できたホールでは宵越し狙いの打ち方に工夫を加える必要があります。

 

 

1番効果的なのは「当日分でもそこそこハマっている台を打つ」ですね。

 

例えばハーデスのハマり台が2台空いたとします。

 

  1. 前日600ハマり、当日350ハマりで空いた台
  2. 前日100ハマり、当日650ハマりで空いた台

 

こういった状況の時、宵越しが確実に効いているホールならば当然1を優先して打つと思います。

 

が、リセットが怪しい時は当日ハマりの大きい2番の台を優先して打ち、リセットだった時のリスクを減らします。

 

 

このように、より危険度の低い選択をするというのが無駄打ちを最小限に抑えるコツかなと思います(^^)

350Gからハーデスの天井狙いなんて、考えただけでもうんざりしますからね・・・。笑

 

 

まぁ、ハーデスに関しては400Gのヘルゾーンで分かるかもしれませんがそこは今回計算に入れてません。

 

ヘルゾーン高確で見抜くのは精度がいまいちだと思うので・・・。

 

 

反対に、番長シリーズのような宵越しでもハッキリとしたゾーンがある台が上の状況で落ちていた場合は1番を選択するのがベストでしょう(^o^)

 

直近のゾーンまで打てば宵越しかリセットかの判断はつくと思うので、特にリセット状況の確認を第一とするならば率先して打っていくべきですね\(^_^)/

 

  • 終わりに

 

さて、周辺のホール状況が変わってきたので以上のような考察記事を書いてみました(^^)

 

皆様の通われているホールも、いつ何時方針変更をするか分かりません。

 

それが設定を上げる方針だったら良いのですが、単純なハマり消しのため・・・なんていう理由では苦戦すること必至です。

 

 

そういった状況を見逃さないためにも、今日の記事で少しでもホール状況の変化に気付いて頂けたら幸いです(^^)

 

というワケで今日の記事は以上です。

 

それでは。

 

 

集え!沖ドキ打ち!

更新の応援にプッシュをお願いします(^^)

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


パチンコ・パチスロランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。