<フルボッコ>今更ながらバジ3が大コケした理由が分かってきた。

投稿者: | 2017年4月15日


スポンサーリンク



どうも、りょうたです。

 

今日の記事は、先月絶好調だったバジリスク3のリセ狙いについての記事にしたいと思います。

 

 

先月は完全にヒキ強もあったんですが、バジ3だけでトータル1万枚以上のプラスを築く事に成功しました(^^)

そのプラスのほとんどが、リセ狙いによるものです。

 

 

その勢いのまま、今月も打てる時は果敢に全リセ店でバジ3を攻めているのですが・・・

 

 

1台あたりマイナス400枚ちかいペースで負けてます。笑

 

 

このままいくと、月が変わるころには先月のプラスはなくなりそうですね(゜Д゜)

 

 

ここまでマイナスが膨らんだのにはいくつか要因があるんですが、それを通して「だからバジ3は流行らなかったんだな」というのが見えてきました。

 

 

今日はそのあたりも含めて記事にできたらなと思っております( ^o^)ノ

 

 

それでは、よろしくお願いします。

 

 

  • 負けすぎのリセ狙い

 

さて、まずはリセ狙いの収支について。

 

今月は12台と台数が稼げていないのですが、これは全リセ店からバジ3が減台されてしまったことに起因します。

 

やはり、稼働があまり良くないので減らされてしまうんでしょうね・・・。笑

 

 

さて、そんな12台でのトータルマイナスが・・・

 

 

4200枚ほど。笑

 

 

これは枚数にすると大した事ない感じがしますが、展開をご想像いただくとかなりのキツさだという事がお分かり頂けるんじゃないかと思います。

 

 

まず、リセ狙いの根本である「早いCZ当選」。

 

 

これがほとんどありません。笑

 

一応、リセット時に滞在が確定するモード1では周期到達時に「3割でCZ、ハズレても3割でCZ確定のモード3へ」という恩恵があるんですが・・・

 

 

おそらく、モード3への移行率がクッソ悪いです。笑

体感だと5%くらいかな(T-T)

 

 

大体250G以上、周期にすると3周期くらいかかってやっとCZ。

 

普通に設定1を打っているのとなんら変わりありませんね、この確率だとw

 

 

そして、やっと当たったCZは大抵出合え出合え

 

 

もちろん、出合いません←

 

現時点で出合えCZは10連続スルーくらい行ってると思います。

 

 

もはや、CZ開始画面に刑部が映った時点で諦めてます。笑

 

 

そして、なんとか卍谷への帰還CZを勝ち取りARTへ入っても・・・

 

 

ほぼ100枚www

 

 

続かないしストックも出来ないしBCも引けないし・・・で、全く出すことができません(+o+)

 

 

というワケで、全く良いところナシで粉砕されているのが今月のバジ3リセット狙い、という感じです。

 

スポンサーリンク



 

  • バジリスク3がコケた理由

 

さて、そんな感じでガンガン負けまくっているバジ3。

 

改めて敗因をまとめると、以下のようになります。

 

  1. CZに入らない
  2. やっと入ったCZで当たらない
  3. 何とか当たってもARTが全く伸びない
  4. BCが重い(今月1回しか引いてません。笑)。

 

 

この4点がリセ狙いで勝てない要因だと思います。

 

 

ここで分かった事が1つ。

 

 

 

 

そりゃ誰も打たないわ。笑

 

 

一応、まがりなりにもリセ狙いはプラス収支が見込める立ち回りです。

 

それを実践している人間ですら、短期間ではこれだけ負ける。

 

しかも、その負け方が圧倒的に無慈悲

 

これを普通にモードや天井、設定を気にせず平打ちしたら・・・

 

 

 

それはもう、悲惨な目に遭うこと請け合いです。

 

特にこの台は上記の1~3の流れが完璧すぎて、尚更打ち手にストレスを与えます。

 

4番はちょっと例外というか、僕のヒキが弱すぎますね。笑

 

たぶん1/4000くらいまでBC確率落ちてるので(-_-;)

 

 

 

「全然周期に到達しないよ~、そもそもあとどれくらいで周期かもわからないし・・・。」

「やっと周期到達・・・はい、ハズレ。また長い道のり。」

「何とかCZに入った!けど出合えない。」

「やっとARTまでたどり着いた・・・。」

GET80枚

( ̄△ ̄)

 

 

 

と、この流れを一回喰らえば二度と打たなくなるには充分すぎるだけのダメージを負うことができます。笑

 

そして、設定1ではこんな展開が待ち受けている確率が非常に高いワケです。

 

 

特に、モード1の優位性を知らないとさらにキツいですね。

 

そこで捨ててしまっていたりすると、余計CZから遠ざかってしまいますので(._.)

 

 

 

 

ただ、この台も決してキツいだけの台ではないんです。

 

 

本当なら、全リセをかけておくだけでもとりあえずの稼働は見込めるハズの台なのですが、そこを打ち手とホールの双方が絆と同じ感覚で扱ったため稼働が全くつかなかったのではないかなと僕は考えています。

 

 

ホールは、「絆が人気あるから、絆と同じベタピン放置でも回されるだろう」という考え。

 

打ち手は、「絆は当てれば何とかなるから、3もツッパで勝負」という考え。

 

 

こんな考え(というか期待)に対してバジ3が持っていた特色が見事なまでにマッチしなかった結果、既にバラエティコーナー落ちというかなりの低評価に繋がってしまったのだと思います。

 

 

 

ぶっちゃけ、絆は過大評価もいいとこだと思いますけどね。笑

 

 

500枚でれば御の字ですよ、個人的には・・・。笑

 

 

という感じで、僕なりにバジリスク3の客飛びの原因が見えてきたところであります(^^)

 

とりあえず、一言で言うとバジ3は「絆のように頭に湯気立てて打つ台ではなく、1回CZに入るまで回してみてダメならさらっとやめる」というライトな付き合い方をする台だと思いました\(^_^)/

 

 

まぁ、その1回のCZが遠すぎて僕みたいに500ハマりとかしちゃうと目も当てられませんがね。笑

 

 

というワケで、今日の記事は以上です。

 

 

あ、最後にここ最近で唯一バジ3打ってて良かったと思える写真を。

 

©UNIVELSAL ENTERTAINMENT

 

 

この時も普通に負けたんですけどね。笑

 

 

それでは。

 

集え!沖ドキ打ち!

更新の応援にプッシュをお願いします(^^)

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村


パチンコ・パチスロランキング



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。