<新台>モンスターハンター狂竜戦線が続々と年内導入される模様

投稿者: | 2016年12月16日


どうも、りょうたです。

 

今日は久しぶりに新台の話題に触れたいと思います。

 

 

エンターライズより登場の「モンスターハンター 狂竜戦線」(以下、「モンハン狂竜」)です(^^)

 

 

スペック云々は置いときまして、実はこの台には疑問が残っています。

 

 

少しそちらについての考察というか雑記にしたいと思いますので、お付き合い頂けると嬉しいです。

 

 

それでは始めます。

 


ブログランキング参加中!!

応援のプッシュを頂けると嬉しいです\(^_^)/

ブログ村の他のブログにもタメになる情報が盛りだくさん!

下のバナーからブログ村・スロットカテゴリーにアクセスすることもできます。


にほんブログ村

 


スポンサーリンク





 

さてさて、このモンハン狂竜ですが、実は導入は年明けだったハズなのです。

 

 

バジリスク3が出る時に、「今年最後の目玉コンテンツ」という印象があったのもそのためです。

 

 

さすがにモンハンシリーズの台は期待度も高いですからね、大型コンテンツの一員であることは間違いありませんしそういう台のリリース情報はそれなりに調べています。

 

 

 

これはどうも、販社の方から「大量導入と引き替えに導入を早める」という働きかけがあったのが原因のようです。

 

 

 

え、それってアリなん?(・д・)

 

 

 

 

と思ったのは僕だけではないと思いますが、なんにせよ最速で来週の導入が可能となったようです。

 

 

 

これは少し前にネット界隈で話題になった事ですので、詳しく知りたい方は検索してみてください。

 

 

まぁこれが褒められたやり方でないのは間違いないのですが、年末の主力として大きな期待を背負って登場したバジ3が既に客飛びを引き起こしている現状です。笑

 

そんな中での人気シリーズの続編登場は、ホールにとっては大きな助けとなるのでしょう。

 

 

 

 

 

ホント、いつ学習するんだって話ですけどね(・д・)笑

 

 

結局、最速だろうがなんだろうが新内規の台は設定1では客飛び必至の仕様になってしまいます。

 

 

 

それは北斗修羅とバジ3でイヤと言うほど味わったはずです(打ち手もホールも)。

 

 

この期に及んで「年末前に新台入れてぶっこ抜く」なんていうホールが多いところを見ると、確かに業界は長くないかもなぁという気持ちにさせられます。

 

 

まぁ、それを覆すほどの優秀な出来の台なら問題ないのでエンターライズの開発力に期待しましょう。

 

 

 

 

モンハン月下が奇跡だったと感じている僕はあまり楽しみには出来ませんが。笑

 

 

 

あの台のAT中は確かに面白かったです。

 

ロング継続でも全くダレない、数少ない台だったと言えるでしょう(^^)

 

 

僕は本当に面白いと思った台は設定狙いで期待できる時に打つことがあるのですが、ここ数年のノーマル機以外で設定狙いしたのはモンハン月下とまどマギ、それと絆(相方のリクエスト)くらいです。

 

 

そんな近年稀に見る名機と比べるのは酷かも知れませんが、ぜひとも高稼働が保たれることをお祈りしております。

 

 

 

さてさて、そんなモンハン狂竜の出来は来週以降の稼働を見れば分かることでしょう。

 

 

天井やゾーンはまだ調べていないので分かりませんが、まぁ空き台になるのはもう少し先の事だと思うのでホールでの稼働、客層、出玉なんかを見てから判断しようと思います。

 

 

 

さて、話題は変わりまして。

 

 

冒頭の疑問というのは他でもありません。

台数制限をかけたとしたら、何台以上が最速導入のラインだったのでしょうね?

 

 

あこぎな売り方をしているともっぱらの噂ですが、具体的なボーダーラインなんかがちょっと気になります。

 

 

 

近隣店舗の状況を少しお知らせしますと、来週導入の店舗は2店あります。

 

最近、行動範囲が狭いので1週間ほどいっていないG店なんかでも恐らく導入があるとは思いますが取り急ぎ判明している2店から。

 

 

  • M店 導入台数10台 20スロ総台数200台程度
  • T店 導入台数5台 20スロ総台数150台程度

 

 

 

 

これ見て思ったことが1つ。

 

 

 

思ったほど大量に買わなくても売ってくれるのねw

 

 

特にT店は5台ですからね、大量導入というには少々物足りない気がします。

 

 

もしかしたら、「グループで○○台」という縛りがあって、そこで割り当てられたのが5台という可能性もありますけどね。

 

 

ひとまず、この程度の台数だったら年末の目玉機種の1つとして稼働させれば元はとれそうですね。

 

 

 

 

もしかしたら、それを見越しての台数なのかも知れませんが。笑

 

 

 

ホント、頼むから「機械代全力回収→ベタピン」の流れを断ち切って欲しいんですけどね・・・

 

 

 

というワケで、業界は総力戦で打ち手から絞りにくるぞという話でした(;_;)

 

まぁ年末年始はパチンコ業界の三大回収期の1つですから、そこに合わせて出てくる台はそれなりの回収性能を持ち合わせていることは間違いないでしょう。

 

 

 

ぜひぜひ、モンスターを狩る前に財布の中身を狩られないようお気をつけ下さい。

 

 

どんなに負けても、どんなにつまらなくても、お金を入れてしまった以上は自己責任になってしまいます。

 

モンハン狂竜が「負けてもまた打ちたい!」「こうすれば勝てる!」と打ち手に受け入れられる台であることを願うばかりです。

 

 

 

それでは。

 


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。