<オカルト注意>黄門ちゃま喝で負けすぎな件

投稿者: | 2016年12月15日


 

どうも、りょうたです。

 

 

今日は久しぶりに「黄門ちゃま喝」を打ったのですが、少々気になった事があるので記事にしたいと思います。

 

 

 

少々・・・ではないですね、大分気になる事です。笑

 

 

解析などと違って役に立つかどうかは分かりませんが、話題の1つとしてぜひご覧になって下さい(^^)

 

 

それでは始めます。

 


ブログランキング参加中!!

応援のプッシュを頂けると嬉しいです\(^_^)/

ブログ村の他のブログにもタメになる情報が盛りだくさん!

下のバナーからブログ村・スロットカテゴリーにアクセスすることもできます。


にほんブログ村

 


スポンサーリンク





 

さてさて、気になることというのは他でもありません。

 

 

 

 

ちゃま、キツすぎじゃね?という事です。

 

 

導入当初は右のポイント狙いを200から、天井狙いは550から打っていました。

 

 

複合的にポイント180のゲーム数500くらいなら手を出していましたね。

 

 

そんな打ち方で結構なプラスを築いていくことが出来ていたので、ちゃまの狙い方としては間違っていないんだなという認識でした。

 

 

 

 

がしかし。

 

 

 

今年に入ってからその収支に異変が。

 

 

 

まぁ論より証拠、百聞は一見にしかずと言います。

 

 

まずは収支の報告から。

 

 

なんと黄門ちゃま喝、今年に入って・・・

 

 

 

 

マイナス5000枚オーバーです。

 

 

 

 

なぜいきなりちゃまの話になったかと言うと、実は今日打った1台も当たり前のように負けたからです。笑

 

 

640Gから打ち、普通に天井到達。

 

47枚貸しの店でしたので投資は14000円になっていました。

 

 

 

で、堅実を選び80G+初期の20Gと合わせて100G駆け抜け、引き戻しもなく230ポイントまで貯まっていた分もスカり回収250枚・・・という案配です。

 

 

 

 

 

これを含め、今年はポイント狙い、天井狙い合わせて33台消化しました。

 

 

 

 

 

で、勝ったの5台だけという(・д・)

 

しかも全てしょぼ勝ち・・・

 

 

 

これは狙い方に問題があった可能性も出てきました。

 

 

ということで、実は今年後半はあまりに勝てないため少しラインをキツくしました。

 

 

ポイント狙いは特に厳しめに設定し、230から打っていたのですがそれでもこの収支。笑

 

 

 

まぁ実は、負けている理由は狙い方以外にあるってハッキリ分かっているんですがね・・・。

 

 

 

 

それはなにか?

 

 

 

 

 

 

もちろん、出玉です。

 

 

 

実は今年に入ってから、印籠チャンスを全て「表堅実」で消化していました。

 

 

最低40Gの上乗せをしてくれるし、上手くいけば50G以上の振り分けも望めるこの選択。

 

 

これが出なくなった原因の1つなのは間違いないと思うのですが、負けている理由かと言われるとちょっと微妙な気もしますね。

 

 

そもそも、ちゃまの上乗せでこれ以外を選ぶと安定感がまるでなくなります。

 

 

「裏挑戦」なんて選び続けていれば、今より更に悲惨な収支になっていてもおかしくありませんからね・・・笑

 

 

キッチリ40Gを取りにいくのは間違った選択ではないでしょう。

 

 

 

 

 

でもさすがに1度も1000枚すら出なかったのはちょっとヒドすぎかな?笑

 

 

 

ちゃまは導入当初はかなり収支に貢献してくれたのですが、最近1000枚どころか500枚すらまともに出てくれません・・・。

 

特に引き戻しを全くしなくなりましたね、一応6回に1回くらいは引き戻すハズなんですが・・・

 

 

 

 

 

基盤の問題?笑

 

 

 

なんて疑ったりもしたくなってしまいます。

 

 

まぁ、冷静に考えれば、

 

  • ポイント狙いをスカりまくる(確率の半分以下)
  • チャンスゾーンもスカりまくる(覚えている限りで現在5連続)
  • 引き戻しを全くしない
  • 薄いフラグを一切引いていない

 

と、これだけの悪条件が揃えばまぁ負けますよね・・・笑

 

 

こういう風に負けが込んでいる機種でも、収支を見直しながら冷静に分析すると「台が悪いのか自分が悪いのか」という事が見えてきて面白いなぁと思います(^^)

 

 

ちゃまの場合は・・・どうなんでしょ、僕が初当たりを引けないのが悪いんですかね?

 

 

 

根本的に、全ての確率が悪い方に転んでいるという時点で台が悪いといって差し支えない気もしますが。笑

 

 

 

でも結局、出玉性能や初当たり確率が去年よりも落ちているのは事実です。

 

 

まぁ台の中で確率が変わるということはないとは思いますが、AT機の中にはこういったように「導入時にから目に見えて収支が悪くなった」という機種が少なからず存在します。

 

 

 

しかも、収支を悪くしているのはほとんど設定に関係のない部分だったり、設定1の確率をさらに割り込んで来たりする部分です。

 

 

特に顕著だったのは、「モンスターハンター 月下雷鳴」でしょうかね。

 

 

天国狙いのヒット率がまさかの5%を切りましたww

 

一応「ループ狙い」か「80Gやめ」なんかの深いゾーン狙いだけをしていたんですが、まぁ当たらない。笑

 

 

30台打ってヒットが1でしたからね・・・(-_-;)

 

 

とまぁ、こんな感じであまりに負けが込んでいる機種については「基盤がダメになったんだ~」なんて言いながら打つことが多いです。笑

 

 

これは完全にオカルトの世界ですので、根拠なんて「自分が負けているから」以外ありません。

 

 

ですが、間違った打ち方はしていないのに収支が上がらないという時のストレス解消というか、精神安定の方法としてはアリなんじゃないかなと思っています(^^)

 

 

 

スロットはつまるところ遊技ですし、スロット台も完璧ではありません。

 

どこかでエラーが出ていてもなんら不思議はありませんし、それを含めて「遊技」として捉えるくらいのゆるい気持ちで臨むのが1番なのではないかなと思っています。

 

 

まぁさすがに、マイナス5000枚程度でエラーもへったくれもないですけどね。笑

 

 

 

 

 

やはり「IS」レベルの出玉率を誇ってくれないと、「負けすぎ」と騒ぐには物足りないでしょう。笑

 

 

 

 

ま、逆に言えばそういう台が存在した以上全てのスロット台に同じ現象が起きる可能性があるということは覚悟しておくべきなのかなぁと思います。

 

 

 

 

というワケで、今日の記事は以上です。

 

 

 

なんだか締まりのない内容になってしまいましたが、要するに「個人レベルで辛いとか甘いとか騒ぐのはオカルトと一緒」ということですね。笑

 

 

33台で5000枚も負けると、「このオカルトに身を委ねてちゃまは700ハマりからにしようかな」・・・なんていう気分にもなってしまいますがそうもいきませんね(;_;)笑

 

 

 

それでは。

 


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。