<初心者向け>宵越し天井狙いの注意点

投稿者: | 2016年11月6日

どうも、りょうたです。

 

今回は昨日の記事の続きということで、宵越し天井狙いの注意点をテーマにしたいと思います。

 

宵越し天井狙いは大変効率がよく、深いハマりの台を打てる可能性も高い反面、一歩間違えるととても痛い目を見てしまいます。

 

なので、この記事を読んで宵越し天井狙いの安定性をさらに向上させて下さい(^^)

 

 

それでは、始めます。

 

 

 

宵越しのリスク

 

 

 

それでは、宵越し天井狙いについてまわるリスクの話をしたいと思います。

 

 

昨日は散々宵越しの方が良いと言っておきながらリスクってなんだよ!と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね(-_-;)

 

ですが、このリスクというのは下調べさえしていれば回避できることなのです。

 

 

 

で、そのリスクの正体とは何なのかと言いますと、ずばり「リセットをかけられる」という事です。

 

 

 

現在天井狙いが出来る機種のほとんどは、設定変更時にハマりゲーム数が0に戻ります。

 

つまり、前日あと1ゲームで天井に到達するというところで閉店・・・という台でも、ホール側で設定変更をかけてしまえばまっさらな状態に戻せてしまうのです。

 

 

例外的に、設定変更をしてもゲーム数が0に戻らないという機種もありますが、現役と呼べる台の中にはほとんどありません。

 

強いて言えば、「バジリスク2」くらいならホールで見かけることもあるでしょうか。

 

 

 

 

このような台は深いハマりでもある程度は安心して打っていけます。

 

ある程度、ということは抜け道もあるということなので、そこはお気をつけ下さい。

 

 

まぁ、その抜け道というのは設定変更よりも手間がかかることは間違いないので、よっぽど天井が近いなんて場合でもない限りは0にしてくるとも思えませんがね(^^)

 

 

 

 

さて本題に戻りますが、このリセットという行為はホールの任意で行われるものです。

 

ですので、リセットをかけるかけないは勿論、リセットをかけた事を客側に知らせる必要もありません。

 

 

なので、ここで重要となってくるのは「そのホールはどのくらいのハマりからリセットをかけてくるのか」という情報です。

 

 

こればかりは、ネットの情報よりも自分で確かめた方が確実でしょう。

 

「このホールはハーデスは全リセ」とか、「800Gでも据え置きだった」という情報は、スロットで勝つ上で大きな武器となります。

 

この情報を、まずは優先的に集めてみて下さい。

 

 

 

宵越しかリセットかの判別方法はいくつかありますが、1番確実なのは「前日のやめゲーム数+当日のゲーム数」で天井が発動するかどうかでしょう。

 

それ以外にも、特定のゲーム数で前兆やチャンスゾーンがくるタイプの機種は宵越しか否かの判別が簡単な部類ですね。

 

 

どちらにせよ、その台のことを知っていないと正確な情報を得られません。

 

日頃から色んな台に目を光らせる貪欲な姿勢が大切ということですね♪

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。