「北斗 修羅」初打ちの感想

投稿者: | 2016年10月8日

こんばんは、りょうたです。

タイトルにあるように、ついに北斗修羅を初打ちできました。ゲーム数は767ゲームと狙い目としている800に足りていませんでしたが、見つけたホールは47枚貸し47枚交換の優良店。ハイエナの期待収支にやや上乗せ(等価の1割程度?)されるため、充分だと判断しました。

ちなみに、既にご存じかとは思いますが今作の天井は「ART」間であり、途中にボーナスを引いてもART非当選ならば続行となります。実は今日見つけた台はボーナスを2回引いており、データカウンターでは300ほどとなっていました。僕の行くホールはすべてデータ機のREG側にボーナスをカウントしているので、前回ハマってREGを引いている台はチェックするようにしています。修羅の天井狙いをする際には、お宝台を見逃さないようご注意を。

さて、打ち始めです・・・

  • 10G  液晶が綺麗!
  • 80G  基本ケンシロウが散歩しているだけというのは相変わらず!
  • 130G リンが大人に!!MB(CB?)の存在に気づく。
  • 160G お、スイカ3連・・・何もなし!!!
  • 200G ケン散歩・・・お、中チェ!!ボーナス当選もART非当選。
  • 300G ケン散歩
  • 400G 同上
  • 500G 同上
  • 550G あれ、なんか煽ってる・・・

 

 

というわけでぼーっと打っていたら天井いってました。笑 北斗シリーズの相性の悪さはいつまで続くんだ。

がしかし、途中ボーナスがあったため11000円投資で天井到達。3連で終わってしまったものの、5500円負けで済みましたので最悪の結果とはなりませんでした。

とりあえず初打ちの収穫としては、

  1. MB(下段ベルリプリプ)の存在
  2. やはり狙い目は800で良さそう
  3. リンさんが綺麗

といったところでしょうか。3番も大事ですよー、玉麗という美人が出ていた「蒼天の拳2」は期待値以上に勝てましたしモチベーションアップになります!笑

なにより、導入1週間以内に拾えたというのが大きかったですかね。いま狙い目で落ちているということはこの先も充分拾える可能性があるということですからね。これからもフリーズに期待しつつ地道に台数稼いでいきたいと思います。

 

それでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。